2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新潟釣行 「厳しく辛い1日」その1
- 2010/09/17(Fri) -
昨日は気合を入れた釣行を試みました。
しかし、結果から言うと

てるっちの十数年のFFライフで
もっとも厳しい釣行となってしまいました。

何事も経験です。
とっても辛い1日でしたが「経験は宝なり」ですね♪




群馬県内は雨の予報。
県内の最終SAで休憩。
IMGP6692ss.jpg
トンネルを抜けたら雨、止んでるかな?

新潟に入っても雨は降っていたけど
群馬より小ぶりだったので予定していた渓に直行。

今回の予定は2時間半くらい歩く予定。

IMGP6693s.jpg
背負っていくお昼とおやつをコンビ二で購入

残念ながら雨が止む気配はなくカッパを着込んだてるっち。
来る途中、気温計は18度になっていたので
だいぶ涼しくなったなぁ~と思うけど
カッパを着込むとちょっぴり蒸し暑く
2時間以上歩くとなれば、きっと汗だくに違いない。

IMGP6699s.jpg
先週、クラッチが必死に避けていた「とちの実」
1週間で随分木から落ちたらしく
林道の小さな流れに殻が吹きだまっていたのを発見。
中身が殆どなくなっているのは
動物が食べているからなのかな?

今週も狙うのは「チタケ」
IMGP6726s.jpg
最初は楽しく歩いていて
「やったぁ~チタケあったよ~」なんて
明るくはしゃいでたけど

話と違って途中から険しい登山道に突入。
ご丁寧にもここから先は足場が悪いので
一般の人は引き返してね~というような看板があって
要するに、登山に慣れた人でないと無理かもね~というコースでした。

ここまで来たんだし、「へ、平気だよね~行っちゃえ~」と
少し怯みながらも、その危険コースへ足を踏み入れたてるっち。

数十メートル行っただけで後悔する事になるなんて、その時は思いもしません。

「こ、これ、無理じゃない??」と言いつつ
疲れ果てて無口になりつつ
その先、約2時間。
予定では入渓地点まで、歩き始めて2時間半くらいの筈がすでに3時間経過。
それでも予定していた入渓ポイントに辿り着かない。

IMGP6710s.jpg
「ふぅ、上りはめちゃくちゃキツイなぁ~」

クラッチによると「たぶんあと少しの筈」
「筈?」っていう言葉がすごくクセモノで
あと30分なのか1時間なのか分からないと言う事。

帰りの時間を考えると、もうこれ以上行くのは時間的にも無理だし危険と判断し
歩き始めて3時間経った場所で何とか沢を降りて入渓。
降りた沢だってかなり危険で、沢づたいに降りた経験の中では
もっとも危険な経験でした。ロープを掛けた方が良かったかもです。

ようやく渓に降り立ったてるっち。
「ふぅ~」とひと安心して深呼吸。

続きは後日書き込みます。


「てるっち日記」お読み頂きありがとうございます。
ランキングに参加中です。
ポチッ!と応援クリックしていただけたら嬉しいです♪
  ↓              
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

☆皆様にとって毎日が良い釣り日和でありますように☆

スポンサーサイト
この記事のURL | フライフィッシング | CM(0) | ▲ top
<<新潟釣行 「厳しく辛い1日」 その2 | メイン | 初めてのスプレータイプ♪>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。