2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
イワナ釣り 「バンブーな気分」
- 2014/06/21(Sat) -
19日(木)に釣りに行って来た時の様子です。



朝からこんなチョコレート菓子・・・
IMGP4764.jpg
サクサクポリポリと食べちゃったぁ~

休憩の為に立ち寄った道の駅で
ばら売りしていた笹だんごを1個購入。
IMGP4765.jpg
「えっ1個しか買わなかったの?」と
クラッチにまたしても言われたけど
「これは半分こできないからね~」とパクリと食べちゃいました。

目的地に到着。

地元のおばちゃんから聞いたところによると
前日にかなり雨が降った様子。
う~ん、またダメかなぁ
だけど、リベンジしたいてるっち。
あれだけ魚は居たからね~少しは釣れるかな?
IMGP4767_20140621063724036.jpg
パン1個と飲み物を持ち入渓。

これは結局食べるヒマもなく
車まで持ち帰る事になるんだけど
パンは見事にペチャンコに潰れてしまいました。(潰れててもおいしかったデス)

「あっ偏光を車に忘れちゃったぁ~」
てるっちは取りに戻り
クラッチは釣り始めると・・・
IMGP4768.jpg
入渓した場所ですでに釣ってるぅ~
クラッチ写真撮影中。

先週より状況は良さそう?

てるっち、今回バンブーロッドに♪
メインで使っているウィンストンとは振り方を少し変えないといけないから注意が必要。
握っている手に力が入っていた様子で手のひらに豆が出来てしまいました。
IMGP4582_20140621070350b9b.jpg
27~8サイズのイワナが
尺上イワナの引き味。
バンブーロッド最高です♪流石はトラッタバンブーです♪
「めちゃくちゃ引くぅ~凄いよー楽しいよね~♪」とハイテンションのてるっち。

無事にネットイン。
IMGP4781.jpg

ストマックはコチラ。
IMGP4791.jpg

てるっちがドライで釣った後に
クラッチがニンフで釣り上がりました。
IMGP4812_2014062107364257a.jpg
クラッチ入れ食い?
場所によっては1淵で数匹。

ドライで瀬をたたいても反応はありませんでしたが
少し水深があるような場所には魚が結構入ってました。

グッドサイズをキャッチ
IMGP4594.jpg

キャー!!今、魚走ったよね(涙)
だめねぇてるっち。
IMGP4600_201406210828299d8.jpg

小さなライズを発見。
「今、ライズを見つけたよー」と小声でクラッチに知らせ・・・
IMGP4613_201406210833196a7.jpg
キレイなイワナをゲット♪
IMGP4801.jpg

ちょっと悔しかったのがこのシーン。
へち際ギリギリに流したら・・・
「食ったぁー!キャー引くよー大きい??」
IMGP4627_20140621084520dcf.jpg
ネットイン寸前で悪あがきされ
もう1度仕切り直ししてるてるっちだけど
焦って引っ張り過ぎてジ・エンド。ネットインならず(涙)
あ~あ、グッドサイズだったのになぁ~

残念でしたが
でも何だか楽しいイワナとのやり取りでした。

この辺りから水量があると通れないだろうなぁ~という場所が多くなり
てるっちはもう少し釣り上がってみたかったけど
雨が落ちてきそうな天候なので
ザーっと降られては帰ってこれない可能性もあり危険なので
クラッチの判断により止めておきました。
IMGP4828.jpg
上流部はパラダイスがある?かもしれないのになぁ~
また来シーズンにでも楽しみにとっておきます。

いったん車に戻りお昼デス。
多分、カップ麺は今週で最終。
IMGP4819_201406210908353ff.jpg
来週は車に戻る事なく1日かかる予定の場所へ。
車止めより歩いて1時間前後で入渓。
今年はもう少し先へ行けるかな~?
2時間はてるっちにとってはキツイかもです。
3時間の経験ありですが、死にそうで危険でしたから・・・
「大物」や「たくさん釣れる」事に目がくらんではいけないですね~(笑)
でも、まぁ時には冒険も必要です♪

あっカップ麺に茹でたお野菜を持参してトッピングしてみました。
野菜不足解消~
しかもお腹にたまります♪

続きはのちほど書き込みます・・・


「てるっち日記」お読み頂きありがとうございます。
ランキングに参加中です。
ポチッ!と応援クリックしていただけたら嬉しいです。
  ↓              
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


☆皆様にとって毎日が良い釣り日和でありますように☆

スポンサーサイト
この記事のURL | フライフィッシング | ▲ top
| メイン |